#双子育児 #妊娠・出産

双子パパ日記 Vol.2「多胎児交流会に参加」

2024.06.26

2023年7月生まれの双子ちゃんを育てる、パパ目線の子育て日記シリーズ。

今回は、妊娠中に夫婦で参加した「多胎児交流会」のお話です。

大和屋の通販担当スタッフ「やまちゃん」が、奥様の妊娠期から出産、半年間の育休で感じたことを綴っています。

 

***

 

「双子」だとわかってからは、いろいろなことが大変でした。

当初考えていたことから、軌道修正が必要になったのが「情報収集」そして「出産準備」です。

 

まずは、多胎児出産・育児の情報収集。

一般的な「妊娠・出産・子育て」の知識に加えて、私たちは多胎児ならではの情報収集が必要です。

 

一般的な情報も、検索すると単胎妊娠の情報が圧倒的に多いので、多胎妊娠ならではの情報を見つけるのがなかなか難しかったです。

 

多胎妊娠は単胎妊娠に比べて、妊娠時のマイナートラブルが起こりやすいこと、多胎児は低体重で生まれることが多いため「修正月齢」という概念で成長を見守っていくことなど、初めて知ることもたくさんありました。

 

情報収集については、病院にお世話になりました。

私たちがお世話になったのは大学病院で、先生や看護師さん、助産師さんたちのフォローがかなり手厚いうえに、なんと多胎児の親子が集まる交流会も開催してくれて、それがすごく役立ちました!

 

私たち以外は、元気な双子ちゃんたちと一緒に参加している方ばかり。

出産前で夫婦だけで参加していたのは私たちだけでした。

 

育児のお助けアイテムや、入院時の注意点など、ネットでは拾えなかった情報が続々と…!

そうした人たちと交流できたことがとても嬉しく、何より心強かったですし、出産前にとても元気をもらいました。



***

 

同じ境遇のご家族との交流で、情報収集はもちろん、出産前に元気をもらえたというお二人。

やはり仲間がいるというのはとても心強いですね。

次回は、二人分の出産準備についての日記です。

SHARE

  • Facebook
  • Twitter

関連記事