#妊婦日記

第二子妊娠ライフログ Vol.01「二人目のタイミングを考える」

2022.02.02

yamatoyaで海外販売を担当している女性スタッフ「よっしー」。
第一子が2才1ヶ月のときに、第二子の妊娠が判明しました。
はじめての妊娠も大変ですが、子育てをしながらの妊娠ライフもドタバタ&大変!
そんな第二子妊娠ライフを記録していく、妊娠ライフログです。


***


一人目が生まれて、子育ても落ち着いてきた頃。
夫と私で「二人目どうしよう?」という話が出始めました。「いつごろがいいかな?」と話し合いを繰り返して、なんとなくイメージしていたのは【上の子が3才になったとき】でした。 

二人目を考えるにあたり、いくつか懸念点や考えるべきことがありました。 

①居住地行政では上の子と2学年離れていないと、産休以上の休みをとる場合に上の子の保育園は一旦退園しなければならないので、2学年は離したい。

②まだ社歴が浅く、勉強中の身なので、職を離れる期間は最短にしたい。

③3学年違いになると、高校入学や大学入学タイミングが重なり、経済的に耐えられるか不安。 

それ以外にも、一人を見ている今でさえ、十分に満足できる子育てができているのか不安もあり、上の子のイヤイヤ期真っ盛りに妊娠、さらに新生児育児…そして仕事と、「そんなことができるのか」という漠然とした不安がありました。

ただ、職場のyamatoyaは子ども家具メーカーなので、育休などの子育てサポートが手厚く、柔軟に対応してもらえる現状があり、仕事に関してのハードルは比較的低かったように思います。


考えれば考えるほど不安になりながら、総合的に考えると我が家の場合は【2学年差】がいいのではないか?という結論に落ち着きました。
夫婦でぼんやりした考えを持って過ごして、「あと数カ月したら妊活開始かな…」と考えていたら…

なんと、妊娠検査薬で【+】、陽性反応が出ました。


***

 

妊活をする前に、なんといきなりの陽性反応…!

陽性反応後のことは、次回の記事でご紹介します。
今後も定期的に、ドタバタな妊娠ライフを記録していきます。ぜひお付き合いいただけたら嬉しいです。

SHARE

  • Facebook
  • Twitter