#妊婦日記

第二子妊娠ライフログ Vol.04「子育てしながらつわりに耐える」

2022.06.24

yamatoyaで海外販売を担当している女性スタッフ「よっしー」。

第一子が2才1ヶ月のときに、第二子の妊娠が判明しました。

そんな第二子妊娠ライフを記録していく、妊娠ライフログです。

今回も前回に続き、一人目と二人目で違うつわりのお話、第二子妊娠期ならではの「つらかったこと」の記録です。

 

***

 

二人目のつわり期でつらかったのは、やはり「上の子のお世話が必要」ということです。

「適当なごはんで済ます」こともできない。本当はゆっくり横になっていたいのに、そうはいかない、というのが一番辛かったです。

「自分で適当に何か食べて欲しい…」という思いばかりでした(笑)。

 

とりあえず簡単なものを…と、うどんや混ぜご飯などを作って食べさせていました。

もちろん、お惣菜や冷凍食品などにも、とてもお世話になりました。

「つわり辛いのに、ちゃんと用意できてる私、えらい!」と、自分を褒めてあげることにして、乗り切りました。

 

実際、外で買ってきたものの方が子どもの食いつきが良かったりすると、なんだかな~と複雑な気持ちにもなりました(笑)。

 

あと、二人目はなぜか空腹感や満腹感など、お腹の状況にとてもシビア…というか、敏感な気がしました。

一人目は、つわりのピークがやっと終わった後には、すごくごはんが美味しくて、なんでもどんどん食べられて、ごはん食べられるって幸せ!と、食べ過ぎていたぐらいでした。

でもその満腹感で、お腹が苦しいという感覚はありました。

 

しかし二人目はほんとに少しでも許容量が違う?というか。通常のごはんの量を超えると、戻すまでにはいかなくても胃もたれのような感覚が襲ってきてしまって…。

つわりの期間は終わったはずなのに、弱いつわりがずっと継続中、という感覚です。食べられるものも、なんとなく選別されているような気がします。

 

これが二人の性格の違いによるものなのかは全くわかりませんが、「違いがみえて面白いな~」と日々感じられます。

これからは今よりはもう少し食べられるもの、量も増やしていきたいなあと思う反面、食べてしまう分だけ体重に跳ね返ってくるかと思うと複雑な気持ちです。

今の子の性質(?)のおかげで体重管理できていると思い、感謝もしつつ、これからも食欲に素直になり過ぎず過ごしていけたらいいなと思います。



***

 

一人目と二人目では、つわりの症状が違うというのは「経産婦さんあるある」でしょうか。

人それぞれ、症状の違うつわりですが、同じ妊婦さんでも一人目と二人目で違うというのは不思議ですね。

 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter