製品は、磨かれて商品に。
使われつづけて生活品に。
思い出とともに愛用品に。

すやすや、すくすく。

睡眠は、成長のとき。
ぐっすり寝顔は、親にも安心を与えます。
安定と安全のベビーベッドは、
家族の安らぎです。

おいしく、お行儀よく。

食事は、お楽しみのとき。
そして、しつけの時間でもあります。
小さな子だもの、汚したってかまわない。
正しい姿勢と「おいしく食べる」を支えます。

片付けまでが、遊びだよ。

自分の身の丈にあった、かわいい収納家具。
掛けやすい、しまいやすい。
お出かけや遊び時間に、
お片付けの習慣付けを。

自然と、机に向き合える。

気持ちのよい机。座り心地のよい椅子。
お絵かきも、工作も、読書も。
そして、お勉強も。
子どもたちが「自分の居場所」と
思えることが大切です。

品質方針

基本の考えは、
とってもシンプル。

子どもと家族の笑顔をつくろう。
それが製品のコンセプトです。
ヒト、モノ、空間。
トータルに見ながら、
「ものづくり」「ことづくり」を
展開します。

アドバンスデザイン

モノありきではない。
子育てシーンからの
リアル発想。

子どもの行動や姿勢は、
年齢によって千差万別。
わたしたちは子どもの生態と子育ての流れを
より細かく、よりリアルに見極めて、
デザインのヒントにします。
高さ、角度などのスペック。
寝る、座る、歩く、食べる、
遊ぶ、しまうなどの行動。
さまざまな要素を
ゼロベースからかけあわせて、
固定観念にとらわれないアイデアを
活用します。